社交不安障害

社交不安障害

おはようございます、

朝っぱらから、ダイアモンドオンラインなる会社の「DIAMOND男の健康」なるサイトを読んでいる、ひとやすです。

 

男の健康

diamond.jp

 

このサイトをみますと、メタボとか、ニオイとか、薄毛だとかいったウツになりそうなワードが並んでいるのです。

ああ、やっぱり、男というのは悩ましい生き物なんだと、あらためて思うのです。

ウツになりそうなこのサイトを見たせいではないのですが、今日はメンタルクリニックへ行ってこようと思うのであります。

ダイアモンドオンラインさんには何の問題もないのです。

 

社交不安障害

メンタルクリニックから戻ってきた、ひとやすです。

なぜ、朝から「男の健康」なるサイトを読んでいたかといいますと、社交不安障害について、あらためて書いてみようと思って、検索していたからなのです。

 

diamond.jp

 

この記事に出てくる仮名ヨシムラさん(アラフォー)は、中学のとき先輩に物おじせず意見してしまう性格が災いして、体育館裏に呼び出されて社交不安障害になるのです。

仮名のカオリさん(30代)は、小学生のとき同級生にボコボコに殴られて社交不安障害になったのです。

カオリさんの症状は、人の視線が気になるとか、人が悪口を言っているように感じるというものなのです。この症状はひとやすと一緒なのです。

ヨシムラさんもカオリさんもひどい目にあったのです。暴力的な世の中なのです。やっぱり「お外」は怖いのです。

ひとやすも、社交不安障害なのです。医者にそう言われたのです。しかしちょっと、ひっかかるのです。

ひとやすには、特にそんな「トラウマ」になるような出来事は無かったのです。順風満帆だったのです。

それとも、忘れてしまったのでしょうか。たしかに忘れっぽいのです。

それとも、ひとやすの心は抑圧されているのでしょうか。

それとも、ひとやすの心の中には「闇」の部分があるのでしょうか。

わからないのです。

ただのバカで忘れてしまったのか、それとも心の闇があるのか。

いや、何もないはずなのです。

 

f:id:hitoyasu:20170323225906j:plain

何もないのですと思うのですが・・・。

 

スポンサーリンク